【突然の恋】同僚「それ、あの子が置いて行ったぞ」男「?」。トイレから戻ってくると連絡先が書かれた手紙が・・・

A男:俺
B子:嫁

 

女性に縁がなかったもんで

 

焦って元嫁に媚売りまくって
なんとか結婚したはいいが

 

結局預金全額持ってかれた挙句

 

ひでえモラハラ受けて
重度の鬱病になった。

 

会社の上司がよくしてくれて

 

なんとか職を失わずに済んだ。

 

半年かけて
なんとか離婚することができて

 

鬱の原因から解放されると、
徐々に脳味噌が
元の状態に戻ってきた。

 

鬱真っ盛りの時は人の顔を見ても
美醜の判別ができないぐらい
脳味噌がやられてたんだが

 

回復してきたある日

 

事務にめちゃくちゃきれいな人が
いることに気づいた。

 

俺的に、じゃなくて、
多分10人中9人は
きれいって言うと思うレベル。

 

それからは社内で見かけると
抗えない感じで
チラチラ見ちゃうようになる。

 

だが、話かけたいとか
お近づきになりたいという気持ちは
全くない賢者モードの俺。

 

そりゃそうだ。

 

大学時代に自分が
女性とお付き合いする程
大人じゃないってことを
思い知った上

 

徹頭徹尾失敗だった結婚
→鬱病
→ 離婚の最強コンボ直後に

 

懲りもせずにまた女性と
お近づきになりたいなんて
言ってたら救いようのない
ただの阿呆だ。

 

もう一生独身でいいやって思いつつ

 

当時まだ20代なのに老後の痴呆対策に
ピアノでも始めようかと
思ってたぐらいだったもの。

 

美人は見てるだけが正解です。

 

そんでチラ見生活が
確か1ヶ月ぐらい続いた。

 

大分精神的な余裕も戻ってきた頃

 

鬱前にも所属していた
サークルの祭り好きの先輩が

 

「合宿しようぜ!」

 

と言ってきた。

 

サークル仲間にも
迷惑+心配を掛けたし

 

ここらで復活アピールも含めて
いっちょやったるか!
という気になったので、合宿計画開始。

 

すると数日後、例のきれいな人から

 

「A男さん」

 

て声かけられて少々驚く。

 

先輩、なぜかサークルに
所属していない事務の女性数名に
お誘いをかけていたらしく

 

しかも

 

「参加・不参加はA男に伝えて」

 

と言っていたらしい。

 

(聞いてねぇよ)

 

これが初会話だったんだが、あれだ。

 

鉄壁の賢者モードだと、
意表を突かれた喪男でも
美人と普通に会話できるんだなって
この時初めて知った。

 

かつての俺なら間違いなく
テンパってうまく喋れない。

 

この時初めて、
そのきれいな人がB子さんという
名前であることを知った。

 

結局、B子さんだけでなく
他の事務の人も
合宿不参加という回答だったんだけど

 

挙動不審になることもなく

 

「また機会があったらどうぞ~」

 

と、当たり障りの無い、
完璧にニュートラルな対応ができた。

 

すごいぜ賢者モード。

 

それから数日後

 

俺が退社しようとしてたら
人気の無い階段で
バッタリB子さんに会った。

 

ちょっと話してたら

 

「お昼に買ったんですけど
余っちゃったし、
一人暮らしって聞いたので・・・」

 

って言ってパンをくれた。

 

ありがとう鉄壁の賢者モード。

 

ほとんど動じず、即座に

 

「お、ラッキー。今日の晩飯浮いた」

 

と思えたよ。

 

礼を失しないよう普通にお礼を言って

 

その日は部屋に帰ってから
おいしくパンを頂いた。

 

それから更に数日後

 

会社で仕事してて
ちょっとトイレに行って
席に戻ってくると

 

椅子に紙包みが置いてあった。

 

何だろうと思って
中身をみるとパンが。

 

ん?なんか紙切れが入ってる?と気づき

 

中から取り出すとそれはメモだった。

 

「飲み会でもあったら
また気軽に誘ってください
(行けないかもしれないけど・・・)
パンは夜食(おやつ?)にでもどうぞ」

 

更に驚いた事に、
メッセージとともに
携帯のメールアドレスが記載されている。

 

が、誰という名前は記載されていなかった。

 

すると近くにいた上司が

 

「それ、B子さんが置いて行ったぞ」

 

と教えてくれた。

 

なにこの超展開?
と思いかけたが土壁の賢者モードで

 

俺の平常心はぴくりとも揺るがない。

 

美人のメアドゲットとか
今までの人生で一度もなかったけど
揺るがない。

 

揺るがずに自分の部屋に帰ってから
理性総動員で

 

「完全無欠に普通」

 

のお礼メールを送った。

 

そしたらB子さんがねー

 

なんつーか感じのいい
楽しげなメールを
ホントにマメにしてくるんだわ。

 

メールの文章読むと
頭もよさそうなんだよねぇ。

 

俺賢者のハズなのに
なんかちょっとだけ
楽しくなってきちゃって

 

いつの間にか、
ちょっとひねったオモシロメールを
送るようになってた。

 

で、数日のメールのやりとりの後

 

なんとB子さんの方から会って
お話しませんかというメールが。

 

なにこの超展開?
と思いかけたがそれでも
土嚢の賢者モードは揺るがない。

 

揺るがないけど土嚢じゃ
強度も高さも足りない。

 

「すげえ美人が、喪、
かつ×1の俺に、会って話したいとか
意味わかんねえ」

 

 

「もしや、アレか?
罰ゲーム的な釣りか?」

 

 

「いやいや、メールからの印象だと
品がある上に知的な人だから
それはないはず。」

 

強度も高さも足りない結果、
俺の方から

 

「いいですよ、じゃあいつにします?」

 

とメールで聞いちゃった。

 

心の中では

 

「会って話するだけ。
だって俺は賢者だぜ?」

 

とか言い訳しながらも。

 

そしたらすぐにB子さんから返信。

 

「今からでもいいですか?」

 

ってオイ!!

 

今日平日ど真ん中なんだけど!?

 

こういう場合、
会うのって普通次の土日とかに
なるんじゃないの!?

 

そんなにすぐ俺と話がしたいの!?

 

なわけねーよ釣りだよ
釣り確定だろコレ!!

 

おおおおちけつおれッ!
っておちつけるわけねーだろ!

 

B子さん間近で
堂々と見つめながら
長時間お話できちゃうんだぜ!!?

 

でもでも俺まだメシ食ってないし

 

メシ食うだけならいいよね
いいよね??

 

とかなり動揺しながらも
了解メールを送る。

 

もうお互いに仕事終わって
自宅に戻っていたので

 

お互いの中間地点のファミレスで
待ち合わせ。

 

俺の方がファミレスに
到着するのが早く

 

入り口付近でドキドキしながら
席待ちしてた。

 

んで、メールの流れから勢いだけで
ファミレスまで来てしまったが、
ちょっと冷静になって考えた。

 

今までのメールのやりとりを考えれば

 

これは多分釣りでも
罰ゲームでもないだろう。

 

B子さんは俺に興味を持っている。

 

俺は今後どうすべきか。

 

勢いでノコノコここまで来てしまったけど

 

俺はB子さんと友人レベル以上に
仲良くなるべきではないだろう。

 

なぜなら、B子さんは独身で
しかも結婚を意識する年齢だから。

 

俺は子供はいないとはいえ×1な上に

 

鬱病の再発の恐れもあるような状態。

 

(まだ、時々ひどく
ダウナーになるときがあった。)

 

俺みたいな不良債権と
友人以上の関係になるなんて、
B子さんのためにならん。

 

これが単なる俺の自意識過剰で
あればそれに越したことはないけど

 

いずれにせよ、
この関係は穏やかに
フェードアウトが正解だ。

 

何も期待するな。

 

期待もさせるな。

 

こんな感じで自分を落ち着かせ

 

改めて鉄壁の賢者モードに切り替えた。

 

しばらくしたらB子さんが
ファミレスに到着。

 

予想してはいたけど・・・

 

やはり私服もかわいい。

 

っていうか清楚。

 

そしてなにより
笑顔がホントに良いんだ。

 

破壊力抜群。

 

この笑顔はあっさりと
鉄壁の上を乗り越えてきてしまった。

 

ご飯を食べながら色々な話をしたが

 

驚愕の事実を知る。

 

B子さん、音大卒。

 

しかもピアノ専攻。

 

ピアノを始めようと思ってた俺は
食いついてしまった。

 

1ヶ月前からどんな電子ピアノを
買おうかな~と迷ってた俺は
B子さんにピアノについて聞きまくった。

 

練習の仕方とか
どんなピアノがあるのかとか。

 

ひとしきり話をして
お開きになったが、
もはや賢者無理。

 

1年以上ぶりに楽しい時間を過ごしちゃった。

 

その後、毎晩のメールのやりとりは
完全に日課と化していて

 

度々B子さんの方から
お茶のお誘いが来るようになった。

 

しばらくすると
お金が掛かるからという理由で
なぜか俺の部屋で
お茶するようにもなった。

 

俺の方はと言えば、
自分の気持ちの整理を未だ付けられぬまま

 

自分も会いたいと
思うようになってしまっていたので
断ることもできず

 

毎週誘われるがままに
会ってお茶して話をしてた。

 

その頃にはもはや賢者は諦め

 

聖帝に転職。

 

せめて
「相手に合わせまくって疲れ果てる」
の過ちを繰り返さぬよう
退かない媚びない省みないの
心意気を実践。

 

それでB子さんが離れて行くならば
それでよしと思うことにしてた。

 

どんな感じで聖帝を実践してたかというと

 

自分語りになって申し訳ないんだが少し説明を。

 

俺には変な癖がある。

 

一人でいる時とかリラックスしている時

 

アドリブで歌いながら踊りだしたり

 

さもないことで
一人寸劇しはじめちゃったりするんだ。

 

別に意識してやってるわけじゃなく

 

無論人に見られるために
やってるわけでもなく

 

それが俺の自然体なんだ。

 

これを大学時代、
人生初の彼女に不覚にも
見られたことがあったんだが

 

その時おもいっきし引かれた。

 

それ以来基本的に人には
見せないように気を付けていたんだが

 

それでも大学時代のサークルの
ちょっと仲良くなった女友達とか

 

元嫁とかにも
やっぱり不覚にも
見られてしまうときがあった。

 

で、全員例外なく引いてた。

 

でも、B子さんに対しては完全に

 

「引くなら勝手に引けー
俺はやりたいようにやるんだー」

 

という感じで
身構えたりしなかったんで
バシバシ見られてた。

 

が、それがB子さんには
なんか知らんけどウケて、
ケラケラ楽しそうに笑うの。

 

こっちは笑わせるつもりなんかなくて
勝手に体が動くだけなのに。

 

あと、俺からB子さんに振った話題というか

 

一方的に話していた話題としては、
歴史、政治、思想、宗教、国防、
極東三バカ国等の話。

 

女性に話すような内容の話題じゃねぇw

 

流石にこの手の話のときは
B子さんかなり引いてた気がするw

 

それでもよくもまぁ懲りずに
俺をお茶に誘ってくれたもんだよw

 

もちろんB子さんから
振られた話題も
普通に楽しく話してはいたけど。

 

やっぱりピアノとか
クラシックの話題が結構多かった。

 

俺クラッシックは結構好きだったから

 

B子さんの薦めてくれたCDを借りて
感想を言ったりもしてた。

 

土日都合がつく時はお茶して話して

 

平日はほぼ毎晩メールしてって
ライフサイクルが
およそ1ヶ月ぐらいの間続いた。

 

もはや抗いようもなく俺は
B子さんに惹かれてしまっていたけど

 

でもファミレスで席待ちしてたときに
考えていたことが
ずーっと心に引っかかっていた。

 

そして、脳内の整理がつかないまま
とうとう我慢できなくなり

 

ある日俺の方から
ピアノ買うの付き合ってくださいと
誘ってしまった。

 

楽器買うなら
詳しい人にも見てもらった方がいいよね的な

 

グダグダな後付け理由を
捻り出してまで
会いたくなってしまっていた。

 

アドバイス貰ったって、
予算限られてるんだから
参考になんねぇよw

 

メールしたその日は既に夕方だったが

 

案の定、B子さんは

 

「今からでもOKですよ」

 

的なメールを返信してきた。

 

ウキウキしながら迎えに行って

 

B子さんと楽器屋を回る俺。

 

B子さんもにこにこしながら
付いてきてくれてたんだが

 

とある楽器屋にいた時

 

「どーん」

 

と、どっかで花火が上がった。

 

俺その日にその地域で
花火大会があるなんて
本当に知らなかったので、
軽くパニクる。

 

願:「これはもう二人で
見にいくのが自然な流れだろ?」

 

建:「おい!俺たちは
ピアノ見にきただけだろ!」

 

言:「花火見に行っちゃったら
完璧にデートじゃね?」

 

突:「いやいやいやいや、
毎週してる「お茶」はどう考えても
普通にデートですが何か?」

 

俺:「おおおおおちけつおまいら!!
おちつくには素数を」

 

わかる?この願望と建前と
言い訳とツッコミの
華麗なる四重奏の不協和音。

 

指揮者が一人でアウアウしてたら

 

B子さん :「ちょっと見にいきませんか♪」

 

願建言突:「行きましょう♪」

 

知ってるか?

 

指揮者が変わると
ハーモニーってびっくりするほど
良くなったりするんだぜ?

 

喜んで花火が見える場所を探しに行きましたよ。

 

6人で。

 

花火が見えるとこにくると

 

そこには出店も出てて

 

俺たちは焼きそばだか
たこ焼きだかを買って
二人で食べながら花火見てた。

 

俺は半分ぐらいは横目で
B子さんを見てたけどな。

 

んでふと思った。

 

俺、今までの人生で、
自分の意志と能力だけで
決定できる事に関しては
結構実現してきたのよ。

 

自分を律することにも
自信をもっていたのよ。

 

それなのに今回だけ

 

「穏やかにフェードアウト」

 

という俺の意志だけで
実現できるはずの事が

 

なんでこんなに
グダグダになっちゃってんだろうと。

 

原因は明らかだったんだけど

 

この時B子さんの横顔見ながら
ようやく認めた。

 

B子さんのことを
完全に好きになっちゃってるって事を。

 

今後B子さんと一緒の時間を
過ごせなくなるとか考えられない。

 

他の誰かがB子さんと
一緒になるとか辛すぎる。

 

自分の気持ちを認めたが為に、
この花火の日を境にして
そこから約2ヶ月程の間

 

俺は本気で悩み苦しむことになった。

 

相変わらず平日夜のメール

 

都合が付けば土日のお茶が続いてたが
一人になると例によって
ファミレスで考えたことが
脳内をぐるぐるエンドレス。

 

自分に何が欠落していて、
どうすればそれを補えるのか

 

考えれば考えるほど
改めて自己分析の必要を感じてきて

 

過去の事を振り返えるようになった。

 

で、また少し自分語りになるがご勘弁を。

 

普通、人間の男と女が付き合う時って

 

「好きだから付き合う」

 

ってのがあるべき姿だと思うのね。

 

でも、俺に人生初の彼女ができたのは
大学に入ってからだったんだが

 

その頃はただひたすら

 

「したいから付き合う」

 

だったように思う。

 

「性欲」と「好意」が脳内でごっちゃになっていて

 

その上相手の人格を知る努力をしていなかった。

 

めでたく付き合えるようになっても

 

童●捨てたら俺の中で
急速にしぼんでいく相手への好意。

 

あっさりと俺の中で
次の関係が成り立つようになる。

 

恋人関係を維持するコスト
>>>[超えられない壁]
>>>したい願望

 

結局、人生初の彼女とは
1年もたたずに破局した。

 

そうなると、女性との
成熟した付き合い方ができない原因は、
自分自信が成熟した男性じゃないから
だろうという結論に行き着く。

 

自分の精神が大人になるまで

 

女性と付き合うのは
止めておこうと決心した。

 

付き合うにしても別れるにしても

 

「精神的にしんどい」

 

としか感じなかったからなぁ。

 

が、困ったことに何をどう努力すれば
成熟した男性になれるのか
さっぱり分からなかったもんで

 

男友達とバカなことばっかして遊んでた。

 

当然成長など望むべくもない。

 

社会人になってから

 

「俺このままだと
ジジイになっても独り身・・・?」

 

という恐怖にかられた。

 

「人生のパートナーが欲しい」

 

という意識が出てきたのは
この頃から。

 

でも対女性スキル向上の為の
努力を何もしてこなかったから

 

今更どうしたらいいか
わかんねぇよ状態。

 

更に就職した業界には
あまり女性がいないので
焦りまくる俺。

 

そんな状態で
知り合ったのが、元嫁。

 

俺はこの人を逃したら
もう結婚できないと思い

 

相手がどんな人なのかも
ろくに見定めることもしないまま

 

でも「この人を大事にしていこう」
という気持ちだけは強く持って

 

この女と結婚してしまった。

 

で、その後の離婚までは
前述した通り。

 

ここまで振り返って俺は気づいた。

 

女性と付き合う時の根幹が

 

「人生のパートナーが欲しい」
になった時

 

俺の中で変わったことは、
自然と「相手を大事する」
という気持ちが出てきたこと。

 

変わらなかったことは

 

「関係を維持するために
過剰に相手に合わせる」こと。

 

でもね、自分に自信が持てない男が、
それでも女性と付き合いたかったら
相手に合わせまくるしかねぇんだよ。

 

でもそれはもう疲れた。

 

俺には一生媚売り続ける体力も、
我慢し続ける精神力もねぇんだよ。

 

だから離婚した後

 

もう一生独り身でいいやと思ったんだよ。

 

で、ここまで考えて気づいた。

 

そもそも俺、性欲抜きで
本当に女性を
好きになったことがあるんだろうか?

 

30年弱も生きてきたが、
純粋に、真摯に、
女性と向き合った事って
無かったんじゃないか?

 

男性として
何も成長していないのに結婚?

 

失敗して当たり前だよ
ばーかって思って、
スゲエ自己嫌悪に陥った。

 

自分がすごく情けなくなって泣けた。

 

こんな不安定な心持ちのまま

 

何の結論も出ないまま

 

決断の日は突然訪れる。

 

その日は俺の家でお茶をしていた。

 

困ったことに
どういう流れだったのか
覚えていないんだが

 

とにかく恋愛関連の話になった。

 

出会ってから4ヶ月経って
初めて出てきた話題だった。

 

俺もB子さんも、
よくもまぁジャブの刺し合いだけで
4ヶ月持たせたよw

 

さて、B子さんには
誠実であろうと決めていた以上

 

現段階の自分でも
結論が出ていないこの状態を
話す必要があると考えた。

 

意を決して上で書いたような事を話し

 

「好きという感情が分かってないのかも」

 

という話をした。

 

ここだけ聞くと
完全に中二病だけど、
俺大真面目。

 

かなりテンパってたし。

 

悩んでいた日数も長かったし、
俺的にはかなり深刻だったし、
自己嫌悪に陥っていたし。

 

絞り出すように話してたら、
B子さん途中から
ポロポロ泣き始めてしまった。

 

今思えばB子さんにとっては
ショックな話だっただろう。

 

ここ4ヶ月の付き合いを
振り返って考えれば

 

どう考えても
いい感じの雰囲気になっていくと
思っていただろうに

 

俺の話はやんわりとした断りだと
受け取らざるを得ないもの。

 

そりゃ泣くわ。

 

だが、俺ここで神懸り的な勘違いをした。

 

俺、一人で悩んでいるときに

 

自分の事が情けなくて泣いたけど

 

B子さんは、俺の

 

「自分の事が情けない」

 

って気持ちを理解して
泣いてくれたんだと。

 

なんでこんな風に
勘違いしたかというと、
今思えば多分

 

1.4ヶ月のやりとりで、
B子さんはとてもやさしい人で、
人の立場で物を考えることが
できる人だということを知っていた。

 

2.話してる最中
俺が超絶テンパってたので、
B子さんが俺に好意を
持ってくれているという事実が
脳内から吹っ飛んでいた。

 

3.悩んでいる期間が長かったもんで、
自分の事でいっぱいいっぱいだった。

 

こんな感じの要因が絡み合って
ワケわかんなくなってたからだと思う。

 

で、このおめでたい勘違いで
感動してしまった俺の脳みそは
ここから超高速回転を始める。

 

「こんなに人の心情を理解して
泣いてくれるB子さんとなら、
互いを思いやって
やっていけるんじゃ・・・」

 

「でも俺×1だし、鬱持ちだし、
それにB子さんに
合わせ続けられる自信はない・・・」

 

「きっと息切れしたときに、
B子さんをとても傷つけてしまう・・・」

 

「でもB子さんを失いたくない・・・」

 

「いや、でもこんなやさしい人に
対してなら合わせ続けられるのでは?」

 

「・・・」

 

「・・・あれ?」

 

「そういえば、退かない
媚びない顧みないを
実践してきたんじゃなかったっけ?」

 

「今の俺、すっごい自然体じゃね?
実際楽だし」

 

「しかも俺の変な癖見ても
あの人楽しそうにしてるじゃん」

 

「過剰に相手の女性に合わせずに
付き合うって、
知らないうちにクリアしてね?」

 

「でも性欲問題は・・・って俺、
一度もB子さん
オカズにしてねぇじゃねぇかッ!!!」

 

「だとしたら今俺がB子さんに
対して抱いている気持ちは・・・」

 

シグナルオールグリーン。

 

A男行きます。

 

「でも、今分かりました。
今俺があなたに対して抱いている感情は、
純粋な「好き」という感情だと思います。
俺は×1でこんなこと
お願いできる立場じゃないですし、
色々と問題が山積みであることは
重々承知していますが、
正直言ってあなたを失いたくないです。
もし嫌でなければ
俺と付き合ってもらえませんか?」

 

一字一句同じだったかどうかは
自信がないが
内容的にはこんな感じだったと思う。

 

(と思ったら嫁が
「あの時聞いた内容そのままだw」
って言ったよwすげえ俺w)

 

B子さん、今度はビックリした顔して

 

泣きながら微笑んでOKしてくれたよ。

 

この時までの人生で一番幸せな日だった。

 

付き合い始めた後に

 

俺の勘違いが明らかになって二人で笑った。

 

やっぱりB子さん、俺が話している最中に

 

「ああ、A男さんとは
一緒にはなれないんだな・・・」

 

って受け取って、
悲しくなって泣いちゃったらしい。

 

B子さんの立場からすれば
その思考が自然だよなw

 

で、その後1年ほど
順調に交際をして
元旦に初日の出を見ながらプロポーズ。

 

そっから半年後にめでたく結婚。

 

2度目の結婚生活は
毎日が楽しくて幸せです。

 

つい先日、3回目の結婚記念日を
向かるのでまとめてみた。

 

長文失礼。

 

 

 

引用元:

【昔を】みんなの馴れ初めをおしえて【思い出して】 その4

https://maguro.5ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1303477802/

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です