【届かない恋】弟「兄の彼女を好きになった」。弟は、兄の彼女に思いを伝えるのか・・・そして、兄から驚きの発言が・・・・

1: 名も無き被検体JUMPY号+ 2013/03/21(木) 02:07:09.59 ID:QTO2yDQ00
書き溜めてないからゆっくりだけど良ければ聞いて欲しい。

2: 名も無き被検体JUMPY号+ 2013/03/21(木) 02:08:39.99 ID:eS40Z0mk0
聞くぞ

 

3: 名も無き被検体JUMPY号+ 2013/03/21(木) 02:08:55.73 ID:PC7bFpNb0
パンツ脱いだ

 

4: JUMPY 2013/03/21(木) 02:09:07.66 ID:QTO2yDQ00

すぺっく

当時中学2年生
名前 涼太

兄貴
当時高校2年生
名前 健太

兄貴の彼女
当時高校2年生
名前 歩美

パンツは履いてていいぞ!

 

9: JUMPY 2013/03/21(木) 02:12:33.49 ID:QTO2yDQ00

俺が最初に歩美と出会ったのは、中学2年生になってすぐの4月だった。

その日は休日だったけどサッカー部の練習もなく、家の中で何をするでもなく下はジャージに上はTシャツっていう部屋着姿でいたんだ。

両親は共働きだし、兄貴の健太は朝からどっかに出掛けてて俺は一人でテレビ見ながらご飯食ってた。

 

13: JUMPY 2013/03/21(木) 02:16:44.78 ID:QTO2yDQ00

ご飯食べ終わってソファに座りながら携帯をいじってたら、いきなりピンポーンってインターホンが鳴ったんだ。

普段居留守使う俺だったが、その日は母親が宅急便来るから居留守使うなってメモを置いていた。

しょうがなく印鑑持って玄関の扉を開けると、そこには段ボールの代わりにコージーコーナーの箱を持った女が立っていた。

 

14: JUMPY 2013/03/21(木) 02:22:23.12 ID:QTO2yDQ00

当然俺は意味が分からないし、誰?不審者?とか思った。そこで戸惑っている俺を見て、満面の笑みを浮かべた女は口を開いた。

女「はじめまして!健太から聞いてるかな?」
俺「えっ?」
女「あれ?聞いてない?今日、健太の家に遊びに行くって言ってあったんだけど…涼太くんだよね?」

この時、俺は直ぐに目の前の女が兄貴の彼女だと気づいた。高校生になっても俺と同じサッカーをやっていた兄貴から、彼女なんて浮ついた話を聞いたことはなかったので驚いた。

 

15: JUMPY 2013/03/21(木) 02:26:29.80 ID:QTO2yDQ00

俺「あっ、聞いてないですけど兄貴今いないですよ?」
女「えー!ちゃんとメールしてあったんだけどな。どうしたんだろう?とりあえず、健太とお付き合いさせていただいてます。歩美です。」

見るからに年下だし、部屋着姿の俺へ深々と頭を下げた歩美。頭を上げた際に笑顔で手渡してきたコージーコーナーのケーキ。

俺はそれを「ありがとうございます」とか余裕ぶって貰ったけど、実際はその笑顔に見惚れてしまった。

次のページヘ続く


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です