【人生逆転】女「あの……つ、付き合ってください」男「えっ」。デブでブスだった女が、過去を捨て夏休みの間に超美人に生まれ変わる!!!←そして、女は教室の扉をあける・・・!?

1: 以下、名無しにかわりましてJUMPYがお送りします 2013/04/19(金) 23:54:16.40 ID:mP5hziXT0

女「うぅ……」

男「えーっと」

男(終業式の日に謎の手紙で呼びたされたと思ったらよく知らない女さんに告られた)

男(正直いきなり付き合ってって言われても困るなぁ)

男「その、なんつーか…ごめん」

女「……」

男「まぁでも俺女さんの事よく知らないしともdー」

ギャルA「こいつマジで告ってんだけどきもー☆」

 

6: 以下、名無しにかわりましてJUMPYがお送りします 2013/04/19(金) 23:57:30.35 ID:mP5hziXT0

ギャルB「ウケるwwデ不細工が調子のんなしwww」

男「え?え?」

女「うぅぅ……」

ギャルA「ウチらじょーだんでいったのに真に受けてバカじゃないw」

女「うっ…ひっく」ポロポロ

ギャルB「ほら泣かないでよーたかが罰ゲームじゃんww」

男(え、なにこれ)

 

11: 以下、名無しにかわりましてJUMPYがお送りします 2013/04/20(土) 00:00:51.46 ID:eo9GJxiR0

ギャルA「いつまで泣いてんだよちょーうぜぇ」

男「…」ムカチーン

男(何となく察した。関係ないのはわかってるけど何かすげームカつく)

ギャルB「ほら黙れよ。あ、男もう帰っていいよーw」

男「ちょっと待った、俺女さんとやっぱ付き合うわ」グイ

女「あっ」

ギャルA「はぁ?」

 

16: 以下、名無しにかわりましてJUMPYがお送りします 2013/04/20(土) 00:05:49.14 ID:eo9GJxiR0

男「ほら行こう女さん」グイグイ

女「え?」

ギャルA「おい待てよ!」

ギャルB「マジちょーしのんなうぜぇし☆」

男「それじゃそう言うことでー」タッタッタ

女「え?え?え?」

ー屋上ー

女「あ、あの……」

男「いや、何かごめん強引に」

女「え、あ、いやっ、私の方こそ……ごめん……」

 

19: 以下、名無しにかわりましてJUMPYがお送りします 2013/04/20(土) 00:09:19.88 ID:eo9GJxiR0

男(違うクラスだから接点殆ど無くて女さんの事名前位しか知らないけど…)

男(伏し目がちで常にオドオドしてて俺と向かい合ってる今も目が泳ぎまくってる)

女「お、男…くん?」

男(見た目は…ベースは決して悪いとは思わないんだけど……)

男(体型も太り気味…いや、ハッキリ太ってるし髪もパサパサ、肌も荒れてる)

女「そ、そんなにジロジロ見られると……ご、ごめんね。私不細工で男くん不愉快だよね」

男(キャラと見た目でまぁ…いじられてるってより虐められてるんだろうなぁ)

 

25: 以下、名無しにかわりましてJUMPYがお送りします 2013/04/20(土) 00:15:02.23 ID:eo9GJxiR0

男「女さん、正直に答えて欲しいんだけど」

女「え?あ、はい」

男「女さんさ、ギャル達に虐められてるんだよね?」

女「………違うよ…私がグズだから……」

男「罰ゲームで無理やり告白させられてバカにされてさ。悔しくないの?」

女「………私が悪いから…………」

男「はたから見てただけだけど俺はムカついた」

女「………」

男「見返してやりたいとか思わない?」

女「………わたし……は…」

男「もし女さんがしんどい事でも我慢できる覚悟があるなら」

男「俺が全力で力を貸す」

次のページヘ続く


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です