【禁断の訪問】ヤクルトのお姉さんと禁断の関係に。。。なぜ、お姉さんとそんな関係になったのか・・・そして、物語は予想外の展開をむかえる!?

10: 以下、名無しにかわりましてJUMPYがお送りします 2011/09/28(水) 15:36:07.73 ID:JVB5yKBI0

目にとめてくれてありがとう。

ある年の春くらいだったか、ヤクルトの訪問販売?が来るようになったんだ。
いつもピンポン鳴らされてもぜってー出ないんだが、
そのときは確かトイレから出た直後で、玄関のまん前にいたのでそのまま玄関を開けてしまった。

開けた理由はあるんだ。
ドアのレンズから見たら、ヤクルトのオバサンだった。
オバサンのはずだった。

 

12: 以下、名無しにかわりましてJUMPYがお送りします 2011/09/28(水) 15:37:35.57 ID:LoN7PyEc0
wktk

 

15: 以下、名無しにかわりましてJUMPYがお送りします 2011/09/28(水) 15:37:47.12 ID:ER7EEwNFO
はやくしろ

 

16: 以下、名無しにかわりましてJUMPYがお送りします 2011/09/28(水) 15:37:53.14 ID:JVB5yKBI0

172cm
当時33才
体系普通
ややブサ…と思う。キモがられこそしないがモテたこともない。
サーバー監視の仕事で夜勤

「こんにちわー ヤクルトです~」
顔が帽子の影と逆光でよく見えんかったんだが、声がか若かったから、
意外と若い子なのかもしれんと思って、まぁ下心半分でドアを開けた。

年の頃は20代後半くらいに見えた。
自転車とかバイクでヤクルト売り歩いてるのって、オババばっかりなイメージだったから、
かなり珍しく若く見えた。

そんときは「割と若い人もいるんだな」くらいに思って
せっかくドア開けちまったからと、なんか飲むヨーグルトみたいのを2,3本買って、
何かの試供品とチラシをもらって終わった。

それが始まりだった。
毎週火曜日が俺は楽しみで仕方なくなった。

わけでもなかった。

次のページヘ続く


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です